2003年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 2003年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた2003年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >2003年

2003年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Get Rich Or Die Tryin' / 50 Centm

収録曲一覧

収録アルバム


50 Centは2000年に銃撃事件に巻き込まれたことから、所属レーベルとの契約を解除されました。その後、Eminemが彼のデモテープを聴いて気に入ったことから、Dr.Dreを紹介し、自身のレーベルShadyとの契約を交わしました。本作がデビューアルバムです。


2 Come Away With Me / Norah Jones

収録曲一覧

収録アルバム


多くの著名ジャズミュージシャンが参加したNorah Jonesのデビューアルバムで、Blue Noteレーベルからのリリースです。2003年の第45回グラミー賞では、アルバムと収録曲で、最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞など主要4部門を制覇し、計6部門を受賞しました。



3 Up! / Shania Twain

収録曲一覧

収録アルバム


カナダ出身のShania Twainの5年ぶりのアルバムながら、前作「Come On Over」に続いて年間トップ10入りを果たしました。本アルバムには三種類のバージョンがあり、赤のディスクがポップ版、緑のディスクがカントリー版、青のディスクがインド映画音楽版です。



4. Home / Dixie Chicks

収録曲一覧


収録アルバム


カントリーバンドDixie Chicksのアルバムで、前二作とは異なり、アコースティックのブルーグラス・サウンドに仕上げています。リードボーカルのNatalie Mainesがブッシュ大統領のイラク侵攻に批判を行うのと並行して、アルバムの宣伝活動も行われました。




5.Let Go / Avril Lavigne

収録曲一覧


収録アルバム


デビュー前のオーディションでL.A.Reidに評価され、Aristaとの契約が成立しました。契約後、彼女は音楽の方向性で悩みましたが、プロダクションチームThe Matrixの協力を経て、ポストグランジ風のオルタナティブロックと評されるサウンドを作り上げました。



6.Meteora / Linkin Park

収録曲一覧


収録アルバム


デビューアルバムに続いて本作品も大ヒットし、続けて年間チャートトップ10入りを果たしました。Billboard Alternative Airplayチャートでは、シングル4曲全てがナンバーワンとなりました。タイトルは、ギリシャの修道院の名称からとったものです。



7.8 Mile / Soundtrack

収録曲一覧


Eminemの半自伝的映画「8 Mile」のサウンドトラックです。EminemのレーベルShadyからのリリースで、世界約20カ国でナンバーワンを記録した「Lose Yourself」も収録されています。2003年の第75回アカデミー賞では、最優秀歌曲賞を受賞しています。



8.Fallen / Evanescence

収録曲一覧


収録アルバム


結成は1995年ですが、本作品がメジャーデビューで、アルバム制作には8年を要しました。全世界で1700万枚のセールスを記録し、21世紀で最も売れたアルバムの一つとして評価されています。2004年の第46回グラミー賞では、最優秀新人賞など二部門を受賞しました。



9. Tim McGraw And The Dancehall Doctors / Tim McGraws

収録曲一覧


カントリーシンガーTim McGrawの第七弾アルバムで、彼のバンドThe Dancehall Doctorsが参加しています。収録曲のうち二曲は、彼自身も出演した映画「Black Cloud」で使用されました。Elton Johnの1970年代の名曲「Tiny Dancer」のカバーが収録されています。



10.Stripped / Christina Aguilera

収録曲一覧


収録アルバム


本作ではデビュー時のティーンポップからの脱却を図り、全ての楽曲を彼女自身が手がけました。さらにイメージチェンジで、Xtinaという別人格を作り上げています。2004年の第46回グラミー賞では、「Beautiful」で最優秀女性ポップヴォーカル賞を受賞しました。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽