1984年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 1984年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた1984年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >1984年

1984年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Thriller / Michael Jackson

収録曲一覧


収録アルバム


前年に続き二年連続で年間チャート第1位となった、歴史的快挙のアルバムです。本年は、日本のオリコン年間アルバムチャートでもナンバーワンとなっています。シングルは、「The Girl Is Mine」を皮切りに、リリースした7曲すべてがトップ10入りしました。


2 Sports / Huey Lewis & the News

収録曲一覧


世界的ブレイクを果たしたアルバムで、トップ10シングル4曲を収録しています。なかでも第一弾の「Heart And Soul」は、人気の昼ドラ「The Young and the Restless」で使用されました。ジャケットの写真は、バンド初期の頃によく演奏していたというバーです。



3 Can't Slow Down / Lionel Richie

収録曲一覧


収録アルバム


ソロ活動第二弾となるアルバムで、59週連続でトップ10入りする快挙を果たしました。収録曲も、ナンバーワンとなった「All Night Long」「Hello」をはじめ、5曲すべてトップ10入りしています。1985年の第27回グラミー賞では、最優秀アルバム賞を受賞しました。



4. Innocent Man / Billy Joel

収録曲一覧


収録アルバム


1950年代後半から1960年代前半にかけて流行した、アメリカの様々な音楽スタイルにオマージュを捧げたアルバムで、ドゥーワップやソウル音楽が多用されています。さらに、収録曲「This Night」では、ベートーヴェンの「悲愴ソナタ」が流用されています。




5. Colour by Numbers / Culture Club

収録曲一覧

収録アルバム



デビューアルバムに続き、本アルバムでも見事成功を収めました。なかでも「Karma Chameleon」は、欧米各国でナンバーワンを記録し、Culture Clubの代表曲となりました。1998年のインタビューでは、メンバー全員が本アルバムをベストワークと認めています。



6. 1984 / Van Halen

収録曲一覧

収録アルバム



後に脱退するDavid Lee Rothが、リードボーカルを務めた最後のアルバムです。ジャケットに記載されている文字「MCMLXXXIV」は、ローマ数字で「1984」という意味です。二週間足らずで制作した過去のアルバムと異なり、本アルバムの制作には一年かかりました。



7.Eliminator / ZZ Top

収録曲一覧

収録アルバム



テキサスのロックバンドZZ Topの8枚目のアルバムで、アメリカだけでなく多くの国でトップ10入りする世界的ヒットとなりました。本アルバムでは、ミュージックビデオをプロモーションに活用し、MTVを視聴する10代のファン層も獲得しました。



8.Synchronicity / The Police

収録曲一覧

収録アルバム


本アルバムのタイトルと楽曲ネタは、アーサー・ケストラーの著書「偶然の本質」から影響を受けたものです。本年行われた第26回グラミー賞では、本アルバムと収録曲「Every Breath You Take」で、最優秀楽曲賞を含む3部門を受賞しました。



9. Footloose / Soundtrack

収録曲一覧

収録アルバム


Kevin Bacon主演の映画「Footloose」のサウンドトラックで、映画以上に注目を集めた作品です。全部で7曲ものシングルがリリースされ、主題歌「Footloose」と「Let's Hear It For the Boy」の2曲がナンバーワンとなりました。



10. Seven & The Ragged Tiger / Duran Duran

収録曲一覧

収録アルバム


リードボーカルのSimon Le Bonは、タイトルの「Seven」はメンバー5人とマネージャー2人、「Ragged Tiger」は成功、全体として「野望という意味」と話しています。本アルバムからは、彼らの人気を不動にしたナンバーワン曲「The Reflex」が誕生しました。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽