80年代の洋楽で押さえておきたいイギリス(UK)ロックアーティスト【10選】

  1980年代のイギリス(UK)で流行ったロックアーティストの中から、押さえておきたい洋楽10選を紹介します。80年代の魅力が詰まったかっこいい名曲(洋楽)ばかりです。YOUTUBEが埋め込んであるので、聴いてみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 80年代の洋楽で押さえておきたいイギリス(UK)ロックアーティスト【10選】

80年代の洋楽で押さえておきたいイギリス(UK)ロックアーティスト【10選】

ロックアーティスト

True / Spandau Ballet

Spandau Balletの代表的楽曲で、アメリカ、イギリスで大ヒットしました。Marvin Gayeへのオマージュ曲でもあり、2番の詞に彼の名前が登場します。後年、P.M. Dawnが本曲をサンプリングした「Set Adrift on Memory Bliss」を制作し、こちらもヒットしました。





Karma Chameleon / Culture Club

Culture Clubは、Boy Georgeの甘い歌声と独特のメイク、ファッションで注目を集め、すでに世界的な人気を博していました。続々とヒット曲を量産する中、本楽曲はアメリカで初のナンバーワンを記録し、グループ最大のヒット曲となりました。


The Reflex / Duran Duran

Duran Duranの大ヒットアルバム「Seven And The Ragged Tiger」からの第三弾シングルです。彼らはNile Rogersに依頼し、本楽曲をシングルカット用にリミックスしてもらいました。これが奏功してアメリカで初のナンバーワンヒットを記録しました。


Careless Whisper / Wham!

世界で約600万枚のセールスを記録した大ヒット曲です。Wham!の楽曲は、主にGeorgeが作詞・作曲を担当していましたが、本楽曲はGeorgeとAndrewが共同で制作したレアな作品です。西城秀樹が「抱きしめてジルバ」という邦題でカバーし、話題になりました。


Everytime You Go Away / Paul Young

原曲は、Hall and OatesのDaryl Hallが作詞・作曲した楽曲で、彼らのアルバム「Voices」に収録されています。Paul Youngはカバー曲が多いことで有名なアーティストですが、本楽曲のカバーでも成功し、世界的な大ヒットを記録しました。





Everybody Wants To Rule The World / Tears For Fears

セカンドアルバム「Songs from the Big Chair」からのシングルカット曲で、アメリカでは初のナンバーワンを記録しました。他国では「Shout」が最初のシングルでしたが、アメリカだけ本楽曲が選ばれ、その戦略は大成功を収めました。


West End Girls / Pet Shop Boys

最初のバージョンは1984年にリリースされましたが目立ったヒットには至らず、翌年の再録音でついにブレークしました。現在では、イギリスを代表するデュオとなり、2012年、ロンドンオリンピックの閉会式で本楽曲が演奏されました。


Human / The Human League

アルバム「Crash」からの第一弾シングルで、彼らにとっては、初の世界的な大ヒットとなった楽曲です。Jam and LewisがJanet Jacksonのアルバム「Control」で成功した直後で、白羽の矢が立ち、本楽曲他2曲のプロデュースを担当しました。


Venus / Bananarama

原曲は1969年に大ヒットしたShocking Blueの楽曲で、1986年のBananaramaのカバー版もまた世界で大ヒットを記録しました。本楽曲は、もともとBananaramaのレパートリー曲で、彼女たちからの強い要望により、ダンス・ミュージックにアレンジされました。


With Or Without You / U2

アイルランドのロックバンドU2の世界的ヒット曲です。イギリスではすでにヒット曲を量産していましたが、本楽曲でついに世界的な人気を確立しました。現在でも、リードボーカルのBonoを筆頭に同じメンバーで活動を続けています。




洋楽を聴くならApple Musicがおすすめ!
Apple Music

Apple Musicは、全米で一番使われている音楽配信サービスです。

会員なら気にいった曲を好きなだけダウンロードできるので、通勤・通学で大活躍です!

Apple Musicについて、詳しく知りたい方は下記記事で紹介しています。

>>Apple Musicの使い方 完全ガイド


Apple Musicは、なんと3ヶ月無料で使えるキャンペーン中です!

この機会に、利用してみてはいかがでしょうか?

下記リンク先から、Apple Musicを無料で始めることができます。

>>Apple Musicの無料体験はこちら



さいごに 80年代の押さえておきたいUKロックアーティスト【10選】

いかがだったでしょうか?

1980年代のイギリス(UK)で流行ったロックアーティストの中から、押さえておきたい洋楽10選を紹介しました。

80年代の魅力が詰まったかっこいい名曲ばかりです。

Apple Musicでも聴くことができるので、ぜひ聴いてみて下さい!


Apple Musicの無料体験はこちら


【洋楽プレイリストまとめ】に戻る

関連記事
注目記事 人気

音楽定額サービス

おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋画の挿入歌 ランキング
人気女性アーティスト ランキング
人気男性アーティストランキング
おすすめ 最近おすすめ洋楽



2012-2019 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく