洋楽 最新ランキング2024【毎週更新】

※サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。
 最新の洋楽ランキング(2024)を、いち早くご紹介!!今現在、世界中で人気のある有名な洋楽ばかりです。それぞれの曲のYOUTUBE動画と、洋楽ランキングのトップ5の連続再生を用意しましたので、ぜひ視聴してみて下さい!!
洋楽おすすめ名曲TOP > 洋楽 最新ランキング2024年【毎週更新】

洋楽最新ランキング2024

洋楽ランキング

2024年6月16日 更新

1I Had Some Help / Post Malone featuring Morgan Wallen
Listen on Apple Music

Post Malone(本名:Austin Richard Post、1995年7月4日生)

Morgan Wallen(本名:Morgan Cole Wallen、1993年5月13日生)

Post Maloneはアメリカ合衆国ニューヨーク州出身のラッパー兼シンガー、Morgan Wallenは、アメリカ合衆国テネシー州出身のカントリーシンガーで、Post Maloneの6作目のアルバム収録曲にて初めて実現したコラボです。

「I Had Some Help」は、Post Maloneの6作目のアルバム(タイトル未定)からの第1弾シングルで、Morgan Wallenとの初デュエット曲です。初登場でナンバーワンを獲得し、Post Maloneにとって6曲目、Morgan Wallenにとって2曲目のナンバーワン曲となりました。カナダ、オーストラリア、アイルランド、ノルウェーのヒットチャートでもナンバーワンを獲得し、世界的なヒットを記録しています。二人は、本年4月に開催されたカントリーミュージックの音楽祭「ステージコーチ・フェスティバル」にて、本曲を初披露していました。


2Million Dollar Baby / Tommy Richman
Listen on Apple Music

Eminem(本名:Marshall Bruce Mathers III、1972年10月17日生)

Eminemは、アメリカ合衆国ミズーリ州生まれのラッパーです。代表曲は、、2002年にリリースした初のナンバーワン曲「Lose Yourself」、2010年にナンバーワンを獲得した「Not Afraid」、Rihannaとの「Love The Way You Lie」など多数。

「Houdini」は、本年7月リリース予定のEminemの12作目のアルバム「The Death Of Slim Shady (Coup de Grace)」からの第1弾シングルで、アルバムに先行してリリースされました。曲中では、彼自身のヒット曲「Without Me」、「My Name Is」、「Just Lose It」、また、1982年のSteve Miller Bandのヒット曲「Abracadabra」を引用しています。タイトルの "Houdini" とは、アメリカで最も有名な奇術師と言われるハリー・フーディーニ(Harry Houdini)のこと。曲中では、自身のオルター・エゴであるSlim Shadyも登場しています。



3Million Dollar Baby / Tommy Richman
Listen on Apple Music

Tommy Richman(本名:Tommy Richman、2000年生)

Tommy Richmanは、アメリカ合衆国バージニア州出身のシンガーソングライターです。ジャンルにとらわれない「特徴的なプロダクション・スタイル」で注目を集め、Brent Faiyazのレーベルと契約。本曲が初のメジャーヒットです。

「Million Dollar Baby」は、Tommy Richmanにとって初のメジャーヒット曲で、いきなり初登場2位を記録しました。本年4月に、TikTokで本曲のスニペットを公開したところ大好評で、その直後に本曲を正式リリースしています。彼の音楽は "ジャンルにとらわれない音楽" として注目を集めており、これに目をつけたBrent Faiyazが自身のレーベルISO Supremacyに誘い契約締結。本曲もオルタナティヴ・ロック、ファンク、トラップ、R&Bの要素が融合したような楽曲に仕上がっています。



4.A Bar Song (Tipsy) / Shaboozey
Listen on Apple Music

Shaboozey(本名:Collins Obinna Chibueze、1995年5月9日生)

Shaboozeyは、アメリカ合衆国バージニア州出身のカントリーシンガーで、ステージネームの由来は、イボ語で「神は王なり」を意味する姓の誤読から。代表曲は、初のヒット曲となった本曲「A Bar Song (Tipsy)」、Beyonceのアルバム「Cowboy Carter」の収録曲でコラボした「Spaghettii」など。

「A Bar Song (Tipsy)」は、Shaboozeyの3作目のアルバム「Where I've Been, Isn't Where I'm Going」からの第4弾シングルで、彼にとって初のメジャーヒット曲です。カントリーチャートでは、Beyonceの「Texas Hold 'Em」に続いてナンバーワンを獲得。カントリーチャートで黒人シンガーが2人続けてナンバーワンを獲得するのは、史上初めてのことです。曲中では、J-Kwonの2004年のデビューシングル「Tipsy」を引用しており、詞は、激務でたまったフラストレーションを、バーで酒を飲んで発散する様子を歌っています。




5.Not Like Us / Kendrick Lamar
Listen on Apple Music

Kendrick Lamar(本名:Kendrick Lamar Duckworth、1987年6月17日生)

Kendrick Lamarは、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のラッパーです。代表曲は、2017年の年間4位を記録した「Humble」、SZAとの「All The Stars」、The Weekndとの「Pray For Me」など。

「Not Like Us」は、今年に入ってエスカレートしているKendrick LamarとDrakeのディスり合い(通称:ビーフ)の一環で、Kendrick LamarがDrakeに宛てて書いた楽曲です。元々、Drakeの「Family Matters」のお返しに「Meet The Grahams」をリリースして反応していましたが、さらにそのリリースから24時間を待たずしてサプライズリリースしたのが本曲です。詞は「Meet The Grahams」のテーマを引き継ぎ、Drakeが性的な不正行為を行っているという疑惑を増長させるとともに、アトランタの音楽とカルチャー・シーンを悪用していることを非難しています。



6.Espresso / Sabrina Carpenter
Listen on Apple Music

Sabrina Carpenter(本名:Sabrina Annlynn Carpenter、1999年5月11日生)

Sabrina Carpenterは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身で、子役時代から活躍する女優兼シンガーです。女優としてはディズニーチャンネルのドラマ「ガール・ミーツ・ワールド(Girl Meets World)」「ベビーシッター・アドベンチャー(Adventures in Babysitting)」などが有名で、シンガーとしての代表曲は、それらドラマのテーマソングや、2023年の「Feather」など。

「Espresso」は、Sabrina Carpenterにとって初めてのトップ10シングルで、Amy Allenらとの共作です。4月のコーチェラ・フェスティバルへの参加が決定し、その直前に本曲のリリースを発表。その際、彼女は「コーチェラの前にちょっと曲をリリースしたかっただけ」と発信し、実際にフェスティバルで本曲を披露しています。世界各国でヒットしており、イギリス、アイルランド、オーストラリア、シンガポールなどでナンバーワンを獲得。詞では、Nintendo Switchを想定した「Switch it up like Nintendo」というフレーズが登場します。



7. Too Sweet / Hozier
Listen on Apple Music

Hozier(本名:Andrew John Hozier-Byrne、1990年3月17日生)

Hozierは、アイルランド出身のフォーク、ソウル、ブルースシンガーです。代表曲は、2013年のデビュー曲ながら、アメリカ、イギリスで最高位2位を記録するなど、世界各国で大ヒットした「Take Me To The Church」。

「Too Sweet」は、Hozierの5作目のEP盤「Unheard」からの第1弾シングルで、2013年のデビュー曲「Take Me To The Church」以来の上位ランク入りです。EP盤「Unheard」は、3枚目のアルバム「Unreal Unearth」用にレコーディングした未公開の楽曲4曲を収録した作品で、そのうちの一つがシングル化した本曲です。本曲を最初に予告したのはTikTokの動画で、骸骨のスケッチとともに楽曲の一部を公開していました。2024年4月27日付で、ついにHozierにとって初のナンバーワンを獲得しています。



8.Lose Control / Teddy Swims
Listen on Apple Music

Teddy Swims(本名:Jaten Collin Dimsdale、1992年9月25日生)

Teddy Swimsは、アメリカ合衆国ジョージア州出身のシンガーソングライターです。当初はアトランタを中心に活動するバンドWildHeartやErisに参加していましたが、その後ソロ活動を始め、最初のヒット曲となったのが本曲「Lose Control」です。

「Lose Control」は、Teddy Swimsのデビューアルバム「I've Tried Everything But Therapy (Part 1)」からの第2弾シングルで、彼にとって初のメジャーヒット曲です。ベルギーやスイスなどヨーロッパを中心に世界的にヒットしており、アメリカでもついに3月30日付でナンバーワンを獲得しました。本曲について彼は「恋愛は時として中毒のようなものだ。自分を見失って制御できなくなり、すべてが崩れ始めると、その人と一緒にいることでしか抜け出せないと考え、何度も何度も同じ感情に囚われてしまう」と話しています。



9.Beautiful Things / Benson Boone
Listen on Apple Music

Benson Boone(本名:Benson James Boone、2002年6月25日生)

Benson Booneは、アメリカ合衆国ワシントン州生まれのシンガーソングライターです。代表曲は、2021年にリリースし、ノルウェーでナンバーワンを獲得した「Ghost Town」、2022年のヒット曲「In The Stars」など。

「Beautiful Things」は、Benson Booneにとって初のトップ10ヒットで、デビューアルバム「Fireworks & Rollerblades」からの第1弾シングルです。昨年12月からInstagramやTikTokで楽曲の一部を公開しており、本年1月18日時点で1億3千万回もの再生回数を記録していました。本曲は「人生の意味」をテーマにしたバラードで、"人生への感謝" と "幸福の不安定さ" について歌ったものです。前曲の「In The Stars」で見せた "柔軟さ" とは対照的に、本曲では "力強さ” が加わり、彼の様々なキャラクターがボーカルの変化とともに表現されています。



10.Pink Skies / Zach Bryan
Listen on Apple Music

Zach Bryan(本名:Zachary Lane Bryan、1996年4月2日生)

Zach Bryanは、アメリカ合衆国オクラホマ州出身のカントリーシンガーで、生まれはアメリカ海軍の駐留先・沖縄です。自身も17歳から8年間、アメリカ海軍に所属していました。代表曲は、2022年のヒット曲「Something In The Orange」、2023年のKacey Musgravesとのヒット曲「I Remember Everything」など。

「Pink Skies」は、2024年発売予定の5作目のアルバム「The Great American Bar Scene」からの第1弾シングルで、元々「Eulogy」という非公式のタイトルで配信していた楽曲です。"Eulogy" の意味は "追悼" で、曲中では、母親の葬儀について切なく回想しています。オクラホマ・シティで開催された帰郷公演で、彼は、5月24日に新たなシングルを、そして年内に新たなアルバムをリリースすることを明らかにしていました。アルバムには本曲の他、「Oak Island」、「Sandpaper」、「28」などの楽曲が収録される予定です。




最新洋楽ランキング TOP5(YOU TUBE連続再生)


▼洋楽ランキングTOP5(連続再生)

このサイトで紹介した洋楽ランキングTOP5が、順番に流れるようにYOU TUBEを埋め込んであります。BGMに利用してください。


おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2024ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -100選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2024
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Olivia Rodrigo

2  Taylor Swift

3  Ariana Grande

人気男性アーティスト ランキング
1  Drake

2  The Weeknd

3  Justin Bieber

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2024年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2024 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽