懐かしい!1980年代のおすすめ洋楽デュエットソング10選

  1980年代にヒットした洋楽デュエットソングの中からおすすめの10曲を紹介します。大物アーティスト同士、男女のデュエット曲など1980年代に話題を博した曲ばかりです。YOU TUBEが埋め込んであるので、聴いてみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 懐かしい!1980年代のおすすめ洋楽デュエットソング10選

懐かしい!1980年代のおすすめ洋楽デュエットソング10選

結婚式

Do That to Me One More Time / Captain and Tennille

夫婦デュオ"Captain"ことDaryl DragonとToni Tennilleの代表的な楽曲です。70年代中頃にピークを迎えて以降、人気に翳りが見え始めていましたが、本楽曲で見事復活を果たしました。彼らにとっては最後のヒット曲となりました。





Ebony And Ivory / Paul McCartney and Stevie Wonder

曲名の直接の意味は、ピアノの黒鍵(ebony:黒檀)と白鍵(ivory:象牙)ですが、黒鍵と白鍵の奏でるハーモニーから転じて「人種の統合や調和」「誰とでも一緒に生きていける」という喩えを表しています。当時の南アフリカは、本楽曲を放送禁止扱いにしました。


Maneater / Daryl Hall and John Oates

80年代前半に最も売れたアーティストとして評されたHall and Oatesの代表的ヒット曲です。曲の試作段階ではレゲエ風の曲調でしたが、Darylの案でモータウン風のグルーヴに変更されました。詞の中身は、女性ではなく80年代のニューヨークを歌ったとのことです。


Sweet Dreams (Are Made of This) / Eurythmics

同名のアルバムからの第四弾シングルで、最後のシングルカットにもかかわらず、Eurythmics にとっては初のヒット曲となりました。第三弾シングルで全く売れていなかった「Love Is A Stranger」は再リリースされ、今度はイギリスでヒットしました。


Islands In The Stream / Kenny Rogers and Dolly Parton

カントリー界のレジェンド、Kenny RogersとDolly Partonの夢のデュエット曲です。曲名は、アーネスト・ヘミングウェイの長編小説の題名(邦題「海流のなかの島々」)からとっています。原曲はR&Bでしたが、後にKennyがカントリー調にアレンジしました。





Wake Me Up Before You Go-Go / Wham!

アメリカとイギリスの両国で初めてナンバーワンを記録した楽曲で、Wham!にとっては、アメリカ進出のきっかけとなりました。Andrewが母親に宛てた「Wake me up up before you go go」という伝言を偶然Georgeが読んだことがきっかけで、本楽曲が誕生しました。


Shout / Tears For Fears

Tears For Fearsは、イギリスのデュオで、バンド名は、アメリカの心理学者Arthur Janovの著書が由来です。本楽曲は、アルバム「Songs From The Big Chair」からの第一弾シングル(アメリカは第二弾)で、全世界でリリースされ大ヒットを記録しました。


On My Own / Patti LaBelle and Michael McDonald

もともとは、Dionne Warwickのアルバム「Friends」のために書かれた楽曲で、レコーディングまで終わっていたものの、結局アルバムには収録されませんでした。Patti LaBelle、Michael McDonald各々にとって、最大のヒット曲となりました。


Separate Lives / Phil Collins and Marilyn Martin

映画「ホワイトナイツ/白夜」のサウンドトラック収録曲で、Lionel Richieの「Say You Say Me」と並んで映画以上に有名な楽曲となりました。ミュージックビデオでは、Philのピアノ演奏とともに二人がデュエットする様子や映画のシーンが交互に登場します。


(I've Had) The Time Of My Life / Bill Medley and Jennifer Warnes

映画「ダーティ・ダンシング」の主題歌で、1988年に行われた「第60回アカデミー賞」では「アカデミー歌曲賞」を受賞しました。当初は、Donna Summerの参加やLionel Richieの楽曲が計画されていましたが、紆余曲折あって最終的に本楽曲にまとまりました。




洋楽を聴くならApple Musicがおすすめ!
Apple Music

Apple Musicは、全米で一番使われている音楽配信サービスです。

会員なら気にいった曲を好きなだけダウンロードできるので、通勤・通学で大活躍です!

Apple Musicについて、詳しく知りたい方は下記記事で紹介しています。

>>Apple Musicの使い方 完全ガイド


Apple Musicは、なんと3ヶ月無料で使えるキャンペーン中です!

この機会に、利用してみてはいかがでしょうか?

下記リンク先から、Apple Musicを無料で始めることができます。

>>Apple Musicの無料体験はこちら



さいごに 懐かしい!1980年代のおすすめ洋楽デュエットソング10選

いかがだったでしょうか?

1980年代にヒットした洋楽デュエットソングの中からおすすめの10曲を紹介しました。

大物アーティスト同士、男女のデュエット曲など1980年代に話題を博した曲ばかりです。

Apple Musicでも聴くことができるので、ぜひ聴いてみて下さい!


Apple Musicの無料体験はこちら


【洋楽プレイリストまとめ】に戻る

関連記事
注目記事 人気

音楽定額サービス

おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋画の挿入歌 ランキング
人気女性アーティスト ランキング
人気男性アーティストランキング
おすすめ 最近おすすめ洋楽



2012-2019 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく