名曲ばかり!1980年代に流行した洋楽バラード10選

  1980年代に流行した洋楽バラードの中から10曲を紹介します。部屋でゆっくりしたいときに聴いたり、夜のドライブ中に聴いたりするのにピッタリの洋楽バラードです。YOU TUBEが埋め込んであるので、聴いてみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 名曲ばかり!1980年代に流行した洋楽バラード10選

名曲ばかり!1980年代に流行した洋楽バラード10選

結婚式

Physical / Olivia Newton-John

Oliviaが大胆なイメージチェンジで世間を賑わせた楽曲です。当時はフィットネス全盛期で、ミュージックビデオにレオタード姿で登場し、それまでの彼女の清楚なイメージを完全に覆しました。 1982年に行われた「第24回グラミー賞」では「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞」にノミネートされました。





Bette Davis Eyes / Kim Carnes

アメリカの大女優Bette Davisがモデルとなった楽曲で、原曲は1974年の制作です。1981年に、Kim Carnesがカバーして大ヒットしました。当時73歳だったBette Davisは、Kimと楽曲の作者宛に感謝の手紙を送ったそうです。 1982年に行われた「第24回グラミー賞」では「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」を受賞しました。


Endless Love / Diana Ross and Lionel Richie

映画「エンドレス・ラブ」の主題歌で、アメリカの音楽史上最も成功したデュエット曲と言われています。当初はインストゥルメンタル曲でしたが、映画監督の心変わりで歌詞をつけることになり、その結果、Diana Rossとのデュエットが実現しました。 1982年に行われた「第24回グラミー賞」では「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ)」にノミネートされました。


Eye Of The Tiger / Survivor

映画「ロッキー3」の主題歌としておなじみの楽曲です。映画の中では、曲名の"eye of the tiger"というセリフが何度も登場します。それまで無名に近かったSurvivorにとっても、本楽曲が出世作となりました。 1983年に行われた「第25回グラミー賞」では「最優秀ロック・パフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門」を受賞しました。


Every Breath You Take / The Police

StingがリードボーカルをつとめるイギリスのロックバンドThe Policeのヒット曲です。ラブソングとして有名な楽曲ですが、皮肉にも、作者のStingにはそういった思いはなく、嫉妬、執着、監視など悪意を込めた真逆の曲だと全面否定しています。 1984年に行われた「第26回グラミー賞」では「最優秀楽曲賞」「最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオまたはグループ)」を受賞しました。





Flashdance...What A Feeling / Irene Cara

映画「フラッシュダンス」の主題歌としておなじみの楽曲です。Irene Caraにとっては、映画「フェイム」に続いて再び映画音楽でのヒットとなりました。日本では、麻倉未稀がカバーし、ドラマ「スチュワーデス物語」の主題歌としてもヒットしました。 1984年に行われた「第26回グラミー賞」では「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞」を、また「第56回アカデミー賞」では「アカデミー歌曲賞」を受賞しました。


Another One Bites The Dust / Queen

イギリスのロックバンドQueenの最大のヒット曲です。当初はシングルとしてのリリースを躊躇していましたが、Freddie Mercuryの友人だったMichael Jacksonに強くすすめられて、最終的にリリースを決断しました。 1981年に行われた「第23回グラミー賞」では「最優秀ロック・パフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門」にノミネートされました。


Say Say Say / Paul McCartney and Michael Jackson

PaulとMichaelにとっては、前年の「The Girl Is Mine」に続いて2作目のデュエット曲です。2作目ですが、レコーディングは本楽曲の方が先です。MichaelがPaulに直々に電話をかけて提案したのがきっかけで、夢のデュオが実現しました。


Call Me / Blondie

ニュー・ウェイヴの代表的ロックバンドBlondieの最大のヒット曲で、映画「アメリカン・ジゴロ」の主題歌としても知られています。ボーカルのDeborah Harryは、そのルックスを生かし、女優としても活躍しています。 1981年に行われた「第23回グラミー賞」では「最優秀ロック・パフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門」にノミネートされました。


Lady / Kenny Rogers

カントリー界の大御所Kenny Rogersの最大のヒット曲です。作詞・作曲はあのLionel Richieで、プロデューサーとして成功した初の作品です。この試みを、Kennyは「カントリー出身の自分とR&B出身のLionelがポップスの世界で邂逅する」と表現しています。 1981年に行われた「第23回グラミー賞」では「最優秀レコード賞」「最優秀楽曲賞」「最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞」にノミネートされました。




洋楽を聴くならApple Musicがおすすめ!
Apple Music

Apple Musicは、全米で一番使われている音楽配信サービスです。

会員なら気にいった曲を好きなだけダウンロードできるので、通勤・通学で大活躍です!

Apple Musicについて、詳しく知りたい方は下記記事で紹介しています。

>>Apple Musicの使い方 完全ガイド


Apple Musicは、なんと3ヶ月無料で使えるキャンペーン中です!

この機会に、利用してみてはいかがでしょうか?

下記リンク先から、Apple Musicを無料で始めることができます。

>>Apple Musicの無料体験はこちら



さいごに 名曲ばかり!1980年代に流行した洋楽バラード10選

いかがだったでしょうか?

1980年代に流行した洋楽バラードの中から10曲を紹介しました。

部屋でゆっくりしたいときに聴いたり、夜のドライブ中に聴いたりするのにピッタリの洋楽バラードです。

Apple Musicでも聴くことができるので、ぜひ聴いてみて下さい!


Apple Musicの無料体験はこちら


【洋楽プレイリストまとめ】に戻る

関連記事
注目記事 人気

音楽定額サービス

おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋画の挿入歌 ランキング
人気女性アーティスト ランキング
人気男性アーティストランキング
おすすめ 最近おすすめ洋楽



2012-2019 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく