Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)とは?知っておくべきこと27選

洋楽おすすめ名曲TOP > 洋楽アーティストのプライベート情報【まとめ】

Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)とは?知っておくべきこと27選


Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)

Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)とはどんな人物なのか?気になる方も多いと思います。

ファンなら知っておくべきホイットニー・ヒューストンの『生い立ち〜現在』までのプライベート情報をまとめました。

ホイットニー・ヒューストンについて今より詳しくなれると思います。


Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)に関する豆知識『生い立ち〜現在』

  1. ホイットニー・ヒューストンの本名は、ホイットニー・エリザベス・ヒューストン(Whitney Elizabeth Houston)。


  2. ホイットニー・ヒューストンの母親のシシー・ヒューストンもゴスペル・シンガーで、アレサ・フランクリンなど人気シンガーのバックボーカルも務めていた。


  3. ホイットニー・ヒューストンとディオンヌ・ワーウィックは従姉妹同士。


  4. ホイットニー・ヒューストンの兄のマイケルもシンガー、異父兄のゲイリー・ガーランドは元NBAのバスケットボール選手。


  5. ホイットニー・ヒューストンの名前の由来は、アメリカのテレビ女優Whitney Blakeから。名付け親は、ダーリン・ラヴとアレサ・フランクリン。


  6. ホイットニー・ヒューストンは、子供の頃よく母親が出演するナイトクラブに同行し、時々一緒に歌うこともあった。


  7. ホイットニー・ヒューストンは、子供の頃、チャカ・カーン、グラディス・ナイト、ロバータ・フラックから影響を受けた。


  8. ホイットニー・ヒューストンは、プロのシンガーになる前は、ファッションモデルをしていた。雑誌「Seventeen」のカバーを飾った初の有色人種の女性となった。


  9. ホイットニー・ヒューストンは、デビュー前に、ソフトドリンク「カナダドライ」のCMに出ていたことがある。


  10. ホイットニー・ヒューストンは、1978年、15歳の時に、チャカ・カーンとルー・ロウルズのバックボーカルを務めたことがある。


  11. ホイットニー・ヒューストンは、デビュー前の1984年、アメリカの人気テレビ番組「コスビー・ショー」への出演が決まりかけていたが、音楽のキャリアを続けるため辞退した。


  12. ホイットニー・ヒューストンの1987年のアルバム「Whitney」は、Billboard誌上初めて、初登場1位となった女性アーティストのアルバム。


  13. ホイットニー・ヒューストンは、1988年にリリースしたシングル「Where Do Broken Hearts Go」で、Billboard Hot 100において7曲連続ナンバーワンを記録した。


  14. ホイットニー・ヒューストンは、1992年、映画「ボディーガード」で、ケビン・コスナーと共に主演。


  15. ホイットニー・ヒューストンの世界的大ヒット曲で、映画「ボディーガード」の主題歌「I Will Always Love You」は、ドリー・パートンの歌ったカントリー曲のカバー。


  16. ホイットニー・ヒューストンのヒット曲「I'm Every Woman」は、映画「ボディーガード」の挿入曲だが、元はチャカ・カーンの曲で、母親がバックボーカルで歌っていた。


  17. ホイットニー・ヒューストンの1995年のヒット曲「Exhale (Shoop Shoop)」は、Billboard Hot 100で1週だけ1位になった後、11週連続2位となる珍記録を作った。


  18. ホイットニー・ヒューストンは、年下のボビー・ブラウンと1992年に結婚したが、2007年に離婚した。


  19. ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブラウンとの間には、一人娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンが生まれたが、2015年に薬物中毒とバスタブでの溺没が原因で昏睡状態になり、半年後に亡くなった。


  20. ホイットニー・ヒューストンの一人娘のボビー・クリスティーナ・ブラウンが生前交際していたニック・ゴードンは、彼女の死への関与で訴えられていたが、彼もまた2020年に死去。死因は非公開。


  21. ホイットニー・ヒューストンは、ボビー・ブラウンとの婚姻期間中、三度の流産を経験した。


  22. ホイットニー・ヒューストンのお気に入りの映画は、1976年にアイリーン・キャラが主演した「スパークル」。2012年に自身も、同じ映画のリメイクにジョーダン・スパークスと共に出演した。


  23. ホイットニー・ヒューストンは、2012年2月11日、ビバリーヒルズのホテルのバスタブの中で亡くなった。死因は不慮の溺死で遺体からはコカインが検出された。


  24. ホイットニー・ヒューストンが亡くなったのはグラミー賞授賞式の前日で、授賞式では急遽、ジェニファー・ハドソンとチャカ・カーンがホイットニーの歌を披露した。


  25. ホイットニー・ヒューストンの生前最後の交際相手は、レイ・ジェイと言われている。


  26. ホイットニー・ヒューストンは、生涯、民主党員だった。


  27. ホイットニー・ヒューストンのTwitterのユーザー名は存在しない模様。


さいごに Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)について知っておくべきこと


Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)

いかがだったでしょうか?

ホイットニー・ヒューストンに関する豆知識が増えたと思います。

ホイットニー・ヒューストンのおすすめの曲については、下記記事にまとめましたので、参考にして下さい。

>>Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)の人気曲


>【アーティスト豆知識】に戻る


関連コンテンツ
おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティストランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽



2012-2021 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく