VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)とは?知っておくべきこと27選

洋楽おすすめ名曲TOP > 洋楽アーティストのプライベート情報【まとめ】

VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)とは?知っておくべきこと27選


VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)

VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)とはどんな人物なのか?気になる方も多いと思います。

ファンなら知っておくべきヴァン・ヘイレンの『生い立ち〜現在』までのプライベート情報をまとめました。

ヴァン・ヘイレンについて今より詳しくなれると思います。


VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)に関する豆知識『生い立ち〜現在』

  1. ヴァン・ヘイレンのオリジナルメンバーは、エディー・ヴァン・ヘイレン、アレックス・ヴァン・ヘイレン、デイヴィッド・リー・ロス、マイケル・アンソニーの4人。


  2. ヴァン・ヘイレンのギタリストのエディー・ヴァン・ヘイレンと、ドラマーのアレックス・ヴァン・ヘイレンは兄弟。アレックスが兄、エディーが弟。


  3. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンはギタリストとして有名だが、最初に触れた楽器はドラムで、逆にアレックスがギターだった。


  4. ヴァン・ヘイレンの兄弟の父親はオランダのジャズミュージシャンで、彼らの出生地もアムステルダム。


  5. ヴァン・ヘイレンの起点は、1964年に、ヴァン・ヘイレン兄弟が結成したブロークン・コム(The Broken Comb)というバンド。


  6. ヴァン・ヘイレンのメジャーデビュー時のバンド名は、当初ジェネシス(Genesis)だったが、すでにフィル・コリンズのバンドが使用していたため、ヴァン・ヘイレンとなった。


  7. ヴァン・ヘイレンの2020年時点のメンバーは、アレックス・ヴァン・ヘイレン、デイヴィッド・リー・ロス、ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンの3人。デイヴィッドは脱退後に再加入。


  8. ヴァン・ヘイレンの現メンバーの一人、ウルフギャング・ヴァン・ヘイレンは、エディー・ヴァン・ヘイレンの一人息子。命名は、エディーの敬愛していたモーツァルトから。


  9. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、12歳の頃から喫煙と飲酒を始めた。生涯、薬物とアルコール中毒に悩まされた。


  10. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、2020年に咽頭がんで65歳の若さで死去。


  11. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、マイケル・ジャクソンの「Beat It」にギター・ソロとして参加している。


  12. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンの最初の妻は、女優のヴァレリー・バーティネリ。ウルフギャングは二人の息子。


  13. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、3件のギター関連特許を取得している。うち1件はギターを支えるプレートに関するもので手書きのイラスト入り。


  14. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、タッピング奏法を世に広めた一人。一部でタッピング奏法の発明者と言われているが誤り。


  15. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンは、楽譜の読み書きを学んだことがない。


  16. ヴァン・ヘイレンのエディー・ヴァン・ヘイレンの本名で使われているミドルネーム(ロードヴィク:Lodewijk)は、敬愛するルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが由来。


  17. ヴァン・ヘイレンのデビューアルバム「炎の導火線」のインストゥルメンタル曲「暗闇の爆撃」は、エディーの練習をエンジニアが誤って録音したもの。伝説の演奏となった。


  18. ヴァン・ヘイレンは、単独出演で最も高額のギャラが支払われたバンドとして、ギネス世界記録に認定された。具体的には、1983年のUSフェスティバルで、90分間のパフォーマンスに150万ドル支払われた。


  19. ヴァン・ヘイレンの1984年の大ヒット曲「Jump」は、バンド唯一のナンバーワン曲。


  20. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスは、長年リードボーカルを務めてきたが、1985年に脱退。代わりにサミー・ヘイガーがボーカリストとして加入。


  21. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロス脱退後のボーカルとして、最初に白羽の矢が立ったのは、スキャンダルのパティ・スミスやホール&オーツのダリル・ホールだった。


  22. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスは、ソロとしても活躍。代表曲は、ビーチ・ボーイズのカバー「California Girls」。


  23. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスは、2013年、日本を舞台にしたショートフィルム「外人任侠伝?東京事変?」に主演。


  24. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスは、2012年から2013年にかけて日本に住んでいた時期がある。元力士の小錦と交流があった。


  25. ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロスは、ヘリコプター操縦の免許を持っている。


  26. ヴァン・ヘイレンは、2007年、ロックの殿堂入りを果たした。


  27. ヴァン・ヘイレンのTwitterのユーザー名は、@VanHalen。


さいごに VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)について知っておくべきこと


VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)

いかがだったでしょうか?

ヴァン・ヘイレンに関する豆知識が増えたと思います。

ヴァン・ヘイレンのおすすめの曲については、下記記事にまとめましたので、参考にして下さい。

>>VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)の人気曲


>【アーティスト豆知識】に戻る


関連コンテンツ
おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティストランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽



2012-2021 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく