JOURNEY(ジャーニー)とは?知っておくべきこと23選

洋楽おすすめ名曲TOP > 洋楽アーティストのプライベート情報【まとめ】

JOURNEY(ジャーニー)とは?知っておくべきこと23選


JOURNEY(ジャーニー)

JOURNEY(ジャーニー)とはどんな人物なのか?気になる方も多いと思います。

ファンなら知っておくべきジャーニーの『生い立ち〜現在』までのプライベート情報をまとめました。

ジャーニーについて今より詳しくなれると思います。


JOURNEY(ジャーニー)に関する豆知識『生い立ち〜現在』

  1. ジャーニーのメンバーは入れ替わりが激しく、1973年結成時からのメンバーは、ニール・ショーンのみ。


  2. ジャーニーが結成した当時のバンド名は「ゴールデン・ゲート・リズム・セクション」で、当初はバックアップやジャズ・フュージョンを演奏していた。


  3. ジャーニーのかつての顔だった元リードボーカルのスティーヴ・ペリーは、オリジナルメンバーではなく、加入したのは1977年。


  4. ジャーニーの現在のリードボーカル、アーネル・ピネダは、フィリピンのマニラの生まれ。ニール・ショーンがYouTubeで見つけた。


  5. ジャーニーのドラマーとして2020年から加入したのは、名プロデューサーとしてもおなじみのナラダ・マイケル・ウォルデン。


  6. ジャーニーの現ドラマーのナラダ・マイケル・ウォルデンは、日本の高中正義、荻野目洋子、SMAPをプロデュースしたことがある。


  7. ジャーニーの1981年のアルバム「Escape」は最もヒットしたアルバムで、アメリカではナンバーワンを記録。


  8. ジャーニーは、1987年から1995年まで活動休止。この間、1991年に一時的にスティーヴ・ペリー、ニール・ショーン、ジョナサン・ケインで再結成したことがある。


  9. ジャーニーのニール・ショーンとジョナサン・ケインは、2020年、ロス・ヴァロリーとスティーヴ・スミスを解雇。さらに、プロダクション会社の管理を巡って訴訟を起こした。


  10. ジャーニーのニール・ショーンは、もともとはロックバンド、サンタナのメンバー。


  11. ジャーニーのニール・ショーンは、五度も結婚、離婚を繰り返している。


  12. ジャーニーのリードボーカルだったスティーヴ・ペリーは、ソロとしても活躍。ヒット曲は「Oh, Sherrie」など。


  13. ジャーニーのリードボーカルだったスティーヴ・ペリーは、ステージ衣装でテールコートを着ることが多かった。


  14. ジャーニーのリードボーカルだったスティーヴ・ペリーの両親は、いずれもポルトガル人。


  15. ジャーニーのリードボーカルだったスティーヴ・ペリーは、再結成後に変形性腰椎症を患い、手術をしないと演奏できない状態だったが決断できず、結局バンドを脱退。


  16. ジャーニーに1985?1987年、および2020年から再び在籍しているランディ・ジャクソンは、アメリカン・アイドルの審査員だったことでも有名。


  17. ジャーニーのジョナサン・ケインの妻ポーラ・ホワイトは、ドナルド・トランプのスピリチュアル・アドバイザーで、トランプ政権の福音派諮問委員会の議長でもある。


  18. ジャーニーのベーシストだったロス・ヴァロリーは、一時期スティーヴ・ミラー・バンドのメンバーだったことがある。


  19. ジャーニーのドラマーだったディーン・カストロノヴォは、2015年、家庭内暴力で逮捕され、バンドからも離脱した。


  20. ジャーニーのヒット曲「Separate Ways」は、WBC侍ジャパンのテーマ曲として使用された。


  21. ジャーニーのヒット曲「Open Arms」は、Billboard Hot 100で6週連続2位という珍記録を残している。のちに、マライア・キャリーが大ヒットアルバム「Daydream」の収録曲でカバー。


  22. ジャーニーは、2017年にロックの殿堂入りを果たした。対象メンバーにはスティーヴ・ペリーも含まれている。


  23. ジャーニーのTwitterのユーザー名は、@JourneyOfficial。


さいごに JOURNEY(ジャーニー)について知っておくべきこと


JOURNEY(ジャーニー)

いかがだったでしょうか?

ジャーニーに関する豆知識が増えたと思います。

ジャーニーのおすすめの曲については、下記記事にまとめましたので、参考にして下さい。

>>JOURNEY(ジャーニー)の人気曲


>【アーティスト豆知識】に戻る


関連コンテンツ
おすすめ洋楽 人気記事 人気
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティストランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽



2012-2021 Copyright 洋楽おすすめ名曲集.All rights reserved よろしく