2005年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 2005年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた2005年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >2005年

2005年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 The Massacre / 50 Cent

収録曲一覧

収録アルバム


当初2月14日にリリース予定だった本作のタイトルは「St.Valentine's Day Massacre」でしたが、延期になったことで短縮されました。前作に続き、Eminem、Dr.Dreがプロデュースに参加しています。Oliviaとの楽曲「Candy Shop」も、年間8位のヒットとなりました。


2 Encore / Eminem

収録曲一覧

収録アルバム


アルバムのカバーは、Eminemがお辞儀をしている写真で、当時は、本作品を最後のアルバムにしようと考えていました。本作の歌詞は、George W. Bush元大統領への批判やMichael Jacksonのパロディが表現され、前作よりコメディタッチの内容になっています。



3 American Idiot / Green Day

収録曲一覧

収録アルバム


不発だった前作から復活を果たした、パンク・ロックオペラのアルバムです。収録曲の「Jesus Of Suburbia」と「Homecoming」はそれぞれ9分間の組曲として作られています。2005年の第47回グラミー賞では、最優秀ロックアルバム賞を受賞しました。



4. The Emancipation Of Mimi / Mariah Carey

収録曲一覧


収録アルバム


Mariah復活のアルバムと評され、「Butterfly」以来のナンバーワンを獲得しました。収録曲のうち2曲がシングルチャートでナンバーワンを記録し、なかでも「We Belong Together」は年間チャートでもトップになりました。Mimiとは、Mariahのニックネームです。




5.Breakaway / Kelly Clarkson

収録曲一覧


収録アルバム


デビュー作「Thankful」はヒットしたものの、アメリカン・アイドル出身の恩恵という低評価でした。本作は、前作のR&B指向からポップロック路線に移行しました。2006年の第48回グラミー賞では、最優秀ポップ・ヴォーカルアルバム賞など二部門を受賞しました。



6.Love. Angel. Music. Baby. / Gwen Stefani

収録曲一覧


No Doubtのリードボーカルとして活躍してきた彼女でしたが、本作でソロデビューを果たしました。1980年代の音楽、特にThe Cure、Madonna、Prince、Depeche Modeの影響を受けています。Jimmy Jam and Terry Lewis、Dr.Dreがプロデュースに参加しています。



7.Destiny Fulfilled / Destiny's Child

収録曲一覧


収録アルバム


前作「Survivor」の後、グループは活動休止し、各自ソロ活動を行っていましたが、本作で再結成しました。これまでの作品と異なり、メンバー一人一人が平等に作詞・作曲・プロデュースに関与しています。その後、ベストアルバムを発表し、2006年に解散しました。



8.How To Dismantle An Atomic Bomb / U2

収録曲一覧


収録アルバム


プロデューサー入れ替えの影響で、レコーディングに約一年半を要したアルバムです。リードボーカルのBonoは、「U2では初のロックアルバム」と言っています。2005年、2006年のグラミー賞では、収録曲とあわせて、最優秀アルバム賞など計9部門を受賞しました。



9. Greatest Hits / Shania Twain

収録曲一覧


収録アルバム


過去の三つの大ヒットアルバム「The Woman In Me」「Come On Over」「Up!」からピックアップした、17のヒット曲を収録するベストアルバムです。ただし、不発に終わったデビューアルバムからは、一曲も選ばれていません。新曲も3曲追加されています。



10.Feels Like Today / Rascal Flatts

収録曲一覧


収録アルバム


カントリーグループRascal Flattsのアルバム第三弾で、カントリーチャートだけでなく、通常のアルバムチャートでもナンバーワンを記録した初の作品です。カントリーの名プロデューサーMark Brightが、バンドのために手掛けた最後のアルバムです。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2022ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -100選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2022
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Olivia Rodrigo

2  Taylor Swift

3  Ariana Grande

人気男性アーティスト ランキング
1  Drake

2  The Weeknd

3  Justin Bieber

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2022年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2022 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽