2015年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

 2015年に大ヒットした洋楽のビルボードランキングの上位TOP10を紹介します!TOP10のYOUTUBEと解説を用意しましたので、ぜひ視聴してください。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代ビルボードランキングTOP10 >2015年

2015年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

洋楽ランキング

1 Uptown Funk / Mark Ronson feat. Bruno Mars

↑クリックで曲を保存できます。

イギリスのプロデューサーMark Ronsonが多くの著名アーティストと共演したアルバム「Uptown Special」からの第一弾シングルで、本曲はBruno Marsとのコラボ作品です。2016年の第58回グラミー賞では、最優秀レコード賞など三部門を受賞しました。


2 Thinking Out Loud / Ed Sheeran

アルバム「x」(読みはmultiply)からの第三弾シングルで、特にイギリスでは一年間フルにTop 40にチャートインした超ロングセラー曲です。2016年の第58回グラミー賞では、最優秀楽曲賞、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞の二部門を受賞しました。


3 See You Again / Wiz Khalifa feat. Charlie Puth

映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」のサウンドトラックからの第一弾シングルで、2013年に事故死した俳優のPaul Walkerへのトリビュートとして収録された曲です。2020年5月現在、YouTubeでの再生回数が45億回に達し、驚異的な人気を誇っています。


4.Trap Queen / Fetty Wap

セルフタイトルのデビューアルバムからの第一弾シングルで、最初の発売は2014年でしたが、その後停滞期間が続きました。SNSで注目を集めたことで再リリースされ、2015年の中旬にようやくBillboard Hot 100にチャートインし、遅咲きのヒット曲となりました。



5. Sugar / Maroon 5

アルバム「V」からの第三弾シングルで、イギリスや韓国でもミリオンセラーを記録しました。もともとは、Mike Posnerが自身のアルバムのために制作した楽曲でしたが、リードボーカルのAdam Levineが気に入ったことで、Maroon 5に提供されました。



6. Shut Up And Dance / Walk The Moon

アルバム「Talking Is Hard」からの第一弾シングルで、リードボーカルのNicholas Petriccaのナイトクラブでのエピソードがもとになっています。1980年代の音楽の影響を多分に受けており、Rick Springfieldの「Jessie's Girl」などの要素が取り込まれています。


7.Blank Space / Taylor Swift

アルバム「1989」からの第二弾シングルで、Max MartinやShellbackとの共作です。Taylorの母親や一部のリスナーが、歌詞の "got a long list of ex-lovers" を "all the lonely Starbucks lovers" と、全く異なる意味に聞き違えたことでも話題になりました。


8.Watch Me / Silento

Silentoが17歳のときにリリースされたデビューシングルで、YouTubeにアップロードされたミュージックビデオの"ダンス"が多くの注目を集めました。アニメ番組の「サウス・パーク」や映画「絵文字の国のジーン」など、多くのメディアで使用されています。


9. Earned It / The Weeknd

映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のサウンドトラック収録曲で、同収録曲のEllie Gouldingの「Love Me Like You Do」とともに大ヒット曲となりました。2016年の第58回グラミー賞では、最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞しました。


10.The Hills / The Weeknd

カナダ出身のシンガー"The Weeknd"ことAbel Tesfayeのアルバム「Beauty Behind The Madness」からの第二弾シングルで、欧米を中心に世界的ヒットとなりました。後に、EminemやNicki Minajとコラボしたリミックス版もリリースされています。


関連記事
>【歴代ビルボードまとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2020ランキング
おすすめ 最新おすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-70選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-40選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生回数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード年間洋楽ランキングビルボード

2018 歴代ビルボード【まとめ】

2018 歴代グラミー賞【まとめ】


メニューおまけメニュー

洋画 洋画 myランキング
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2020年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2020 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽