2007年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

 2007年に大ヒットした洋楽のビルボードランキングの上位TOP10を紹介します!TOP10のYOUTUBEと解説を用意しましたので、ぜひ視聴してください。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代ビルボードランキングTOP10 >2007年

2007年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

洋楽ランキング

1 Irreplaceable / Beyonce

↑Apple Music会員の方は、クリックで曲を保存できます。 会員でない方は【洋楽好き】全米No1音楽アプリのApple Musicを使わないと損!を読んでください。

アルバム「B'Day」の収録曲で、作詞作曲にはNe-Yo、プロデュースにはStargateが参加しています。もともとはカントリー曲でしたが、R&Bテイストのバラードに編曲されました。彼らの意向により、本曲には"女性の権利"に関するメッセージが含まれています。


2 Umbrella / Rihanna feat. Jay-Z

アルバム「Good Girl Gone Bad」からの第一弾シングルで、Jay-Zとのコラボ作品です。Rihanna最大のヒット曲の一つと言われています。もともとはBritney Spears用に作られた楽曲でしたが、彼女のレコード会社から拒否されてRihannaの手に渡りました。


3 The Sweet Escape / Gwen Stefani feat. Akon

同名のアルバムからの第二弾シングルで、セネガル系アメリカ人のシンガーAkonが参加しています。インタースコープ・レコードのCEOだったJimmy Iovineが二人のコラボを企画し、彼の熱心な説得や関係者の後押しで二人の共同制作が実現しました。


4.Big Girls Don't Cry / Fergie

当時The Black Eyed PeasのメンバーだったFergieは、アルバム「The Dutchess」でソロデビューを果たしました。シングルカットされた楽曲すべてがトップ5ヒットとなり、うち3曲がナンバーワンを記録しました。その中の一つが本楽曲です。



5. Buy U A Drank (Shawty Snappin') / T-Pain feat. Yung Joc

アルバム「Epiphany」からの第一弾シングルで、「It's Goin' Down」でおなじみのYung Jocとのコラボ作品です。T-Painは、クラブでよく見る光景で、男性が若い女性に一杯おごる様子をイメージして本曲の詞を書いたと話しています。



6. Before He Cheats / Carrie Underwood

カントリー界のスーパースターCarrie Underwoodのアルバム「Some Hearts」からの第五弾シングルで、彼女にとって最大のヒット曲です。アメリカン・アイドル・シーズン4の優勝者で、アイドル出身者の中では、最も成功したアーティストの一人と言われています。


7.Hey There Delilah / Plain White T's

アルバム「All That We Needed」からの第三弾シングルで、曲名のDelilahとは、アメリカの3000メートル障害の選手Delilah DiCrescenzoのことです。リードボーカルのTom Higgensonが共通の友人を通じて出会った彼女に刺激を受けて、本曲の制作に至りました。


8.I Wanna Love You / Akon feat. Snoop Dogg

アルバム「Konvicted」からの第二弾シングルで、Akonにとって初のナンバーワン曲です。本曲はもともとは、Pliesとのコラボ作品でしたが、彼が拳銃所持の違法行為で逮捕されたことで、Snoopのラップに置き換わってリリースされました。


9. Say It Right / Nelly Furtado

アルバム「Loose」からの第三弾シングルで、「Promiscuous」でコラボしたTimbalandが楽曲制作に参加しています。Nellyは、本曲やアルバムの楽曲は、The Eurythmicsの1984年のヒット曲「Here Comes The Rain Again」に影響を受けたと話しています。


10. Glamorous / Fergie feat. Ludacris

ソロデビューアルバム「The Dutchess」からの第三弾シングルで、ラッパーLudacrisとのコラボ作品です。ミュージックビデオでは、映画「俺たちに明日はない」をイメージしたシーンに、サブマシンガンを持った二人が、Bonnie and Clydeとして登場しています。


関連記事
>【歴代ビルボードまとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2020ランキング
おすすめ 最新おすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-70選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-40選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生回数の曲-34選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード年間洋楽ランキングビルボード

2018 歴代ビルボード【まとめ】

2018 歴代グラミー賞【まとめ】


メニューおまけメニュー

洋画 洋画 myランキング
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2020年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2020 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽