2006年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

 2006年に大ヒットした洋楽のビルボードランキングの上位TOP10を紹介します!TOP10のYOUTUBEと解説を用意しましたので、ぜひ視聴してください。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代ビルボードランキングTOP10 >2006年

2006年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

洋楽ランキング

1 Bad Day / Daniel Powter

↑Apple Music会員の方は、クリックで曲を保存できます。 会員でない方は【洋楽好き】全米No1音楽アプリのApple Musicを使わないと損!を読んでください。

カナダ出身のミュージシャンDaniel Powterのデビューシングルで、アメリカン・アイドル・シーズン5のテーマ曲としておなじみの楽曲です。実は、アメリカより先にヨーロッパでリリースされ、コカ・コーラのキャンペーン曲として先行ヒットしていました。


2 Temperature / Sean Paul

グラミー賞を受賞した「Dutty Rock」に続くアルバム「The Trinity」からの第二弾シングルで、Billboard Hot 100の10位以内に17週連続チャートインするロングヒットとなりました。音楽ゲーム「Dance Dance Revolution SuperNOVA 2」の中でも使用されています。


3 Promiscuous / Nelly Furtado feat. Timbaland

アルバム「Loose」からの第一弾シングルで、本国のカナダをはじめ、欧米で大ヒットを記録しました。本曲は、Talking Heads、Blondie、Madonnaなど1980年代のポップ音楽や、Queen Latifah、TLCなど1990年代の強い女性たちの影響を受けたと言われています。


4.You're Beautiful / James Blunt

デビュー曲の「High」は不発に終わりましたが、デビューアルバム「Back To Bedlam」から第二弾シングルとしてリリースされた本曲は、欧米を中心に世界的大ヒットを記録しました。日本でもヒットし、資生堂TSUBAKIのCMソングとしてもおなじみの楽曲です。



5. Hips Don't Lie / Shakira feat. Wyclef Jean

コロンビア出身のShakiraと、FugeesのメンバーWyclef Jeanとのコラボ曲で、欧米、日本など世界10ヶ国以上でナンバーワンを記録する大ヒットとなりました。当初はFugees再結成用に用意された楽曲でしたが、最終的にはShakira用に編曲・リリースされました。



6. Unwritten / Natasha Bedingfield

本国のイギリスではすでに2004年にリリースされていましたが、翌年アメリカでもリリースされ、世界的なヒットとなりました。ミュージックビデオもオリジナル版と北米版があります。アメリカの人気リアリティ番組「The Hills」のテーマ曲として採用されました。


7.Crazy / Gnarls Barkley

ソウルデュオGnarls Barkleyのデビュー曲で、デビューアルバム「St. Elsewhere」に収録されています。世界9カ国でナンバーワンとなる大ヒットとなりました。2007年の第49回グラミー賞では、最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞を受賞しました。


8. Ridin' / Chamillionaire feat. Krayzie Bone

デビューアルバム「The Sound Of Revenge」の収録曲で、著名アーティストとのコラボ経験豊富なラッパーKrayzie Boneが参加しています。2007年の第49回グラミー賞では、最優秀ラップ・パフォーマンス賞デュオまたはグループ部門を受賞しました。


9. SexyBack / Justin Timberlake feat. Timbaland

本曲は、David BowieやDavid Byrneの影響を受けており、「彼らがJames Brownの「Sex Machine」をカバーしたような"Club Funk"スタイルの曲」とJustin自身が説明しています。2007年の第49回グラミー賞では、最優秀ダンス・レコーディング賞を受賞しました。


10. Check On It / Beyonce feat. Slim Thug

当初は、Beyonceも出演した映画「ピンクパンサー」用に、彼女単独でレコーディングを行いましたが、結局サウンドトラックには収録されず、ラッパーのBun BとSlim Thugとの共作となりました。Destiny's Childのベストアルバム「#1's」に収録されています。


関連記事
>【歴代ビルボードまとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2020ランキング
おすすめ 最新おすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-70選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-40選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生回数の曲-34選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード年間洋楽ランキングビルボード

2018 歴代ビルボード【まとめ】

2018 歴代グラミー賞【まとめ】


メニューおまけメニュー

洋画 洋画 myランキング
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2020年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2020 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽