1997の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

 1997年に大ヒットした洋楽のビルボードランキングの上位TOP10を紹介します!TOP10のYOUTUBEと解説を用意しましたので、ぜひ視聴してください。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代ビルボードランキングTOP10 >1997年

1997年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

洋楽ランキング

1 Candle In The Wind 1997 / Elton John

↑Apple Music会員の方は、クリックで曲を保存できます。 会員でない方は【洋楽好き】全米No1音楽アプリのApple Musicを使わないと損!を読んでください。

両A面シングルとしてリリースされた楽曲で、「Candle In The Wind 1997」の方は、その年に事故死したダイアナ元王妃に捧げた楽曲として有名です。ヒットチャートが始まった1950年代以降、最も売れたシングル曲としてギネス世界記録に認定されています。


2 You Were Meant For Me / Jewel

当初は「You Were Meant For Me」のみがシングルとしてリリースされヒットしましたが、その後、ボーナストラックとして「Foolish」が追加され再リリースされると、再びヒットチャートに登場しました。映画「バットマン&ロビン」のサウンドトラック収録曲です。


3 I'll Be Missing You / Puff Daddy featuring Faith Evans and 112

同じBad Boy Recordsレーベルのアーティストで、その年に殺害されたThe Notorious B.I.G.に捧げられた楽曲です。The Policeの1983年の名曲「Every Breath You Take」をサンプリングしています。未亡人となったFaith Evansが、メロディ・パートを歌っています。


4. Un-Break My Heart / Toni Braxton

アルバム「Secrets」からの第二弾シングルで、作詞・作曲はDiane Warren、プロデュースはDavid Fosterが手掛けています。当初Toniが嫌悪感を抱いた楽曲でしたが、第39回グラミー賞では、「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞」を受賞しました。



5. Can't Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase

本楽曲は、デビュー曲にもかかわらず、アメリカでいきなりナンバーワンを記録しました。同じラッパーのMaseは、他曲でもコラボしています。Matthew Wilderの「Break My Stride」の歌詞や、Michael Jacksonの「Rock With You」のドラムをサンプリングしています。


6. I Believe I Can Fly / R. Kelly

映画「スペース・ジャム」のサウンドトラック収録曲で、後年リリースされたR. Kellyのアルバム「R」にも収録されました。R. Kellyが、アスレチック・クラブで、Michael Jordanと会った際にオファーがあり、楽曲制作のきっかけとなりました。


7.Don't Let Go (Love) / En Vogue

映画「セット・イット・オフ」のサウンドトラック収録曲です。世界各国でトップ10ヒットを記録し、En Vogueにとっては世界的に最もヒットした楽曲と言われています。Dawn Robinsonが、脱退前に最後にリードボーカルを務めたシングルとしても知られています。


8. Return Of The Mack / Mark Morrison

同名のアルバムの収録曲で、歌唱だけでなく、作詞・作曲、プロデュースもMark自身が手掛けています。本人曰く、本曲の意味するところは「性的な裏切り」で、Marvin Gayeのヒット曲「I Heard It Through the Grapevine」のような曲だと話しています。


9. How Do I Live / LeAnn Rimes

本曲は、69週もの間、Billboard Hot 100にチャートインし続けた超ロングヒット曲です。もともと映画「コン・エアー」用に作られた楽曲で、LeAnnとTrisha Yearwoodの歌った2つのバージョンがありましたが、いずれもサウンドトラックには収録されませんでした。


10.Wannabe / Spice Girls

イギリスのガール・グループSpice Girlsのデビュー曲で、世界に一大ブームを巻き起こした大ヒット曲です。Virgin Recordsは、彼女らを世界的グループとして確立させるため、日本と東南アジア向けのリリースをイギリスより二週早める、意図的な戦略をとりました。


関連記事
>【歴代ビルボードまとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2020ランキング
おすすめ 最新おすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-70選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-40選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生回数の曲-34選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード年間洋楽ランキングビルボード

2018 歴代ビルボード【まとめ】

2018 歴代グラミー賞【まとめ】


メニューおまけメニュー

洋画 洋画 myランキング
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2020年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2020 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽