1982年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

 1982年に大ヒットした洋楽のビルボードランキングの上位TOP10を紹介します!TOP10のYOUTUBEと解説を用意しましたので、ぜひ視聴してください。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代ビルボードランキングTOP10 >1982年

1982年の洋楽ビルボードランキングTOP10【曲の解説付き】

洋楽ランキング

1 Physical / Olivia Newton-John

↑Apple Music会員の方は、クリックで曲を保存できます。 会員でない方は【洋楽好き】全米No1音楽アプリのApple Musicを使わないと損!を読んでください。

Oliviaが大胆なイメージチェンジで世間を賑わせた楽曲です。当時はフィットネス全盛期で、ミュージックビデオにレオタード姿で登場し、それまでの彼女の清楚なイメージを完全に覆しました。


2 Eye Of The Tiger / Survivor

映画「ロッキー3」の主題歌としておなじみの楽曲です。映画の中では、曲名の"eye of the tiger"というセリフが何度も登場します。それまで無名に近かったSurvivorにとっても、本楽曲が出世作となりました。


3 I Love Rock'n Roll / Joan Jett and The Blackhearts

原曲は、1975年にAlan Merrillが自身のロックバンドArrows向けに書いた楽曲で、後年、Joan Jettがカバーしました。Alanによれば、本曲はThe Rolling Stonesの「It's Only Rock'n Roll (But I Like It)」を聴いて無条件反射的に書いた曲とのことです。


4. Ebony And Ivory / Paul McCartney and Stevie Wonder

曲名の直接の意味は、ピアノの黒鍵(ebony:黒檀)と白鍵(ivory:象牙)ですが、黒鍵と白鍵の奏でるハーモニーから転じて「人種の統合や調和」「誰とでも一緒に生きていける」という喩えを表しています。当時の南アフリカは、本楽曲を放送禁止扱いにしました。



5. Centerfold / The J. Geils Band

アルバム「Freeze-Frame」の収録曲で、アメリカ、カナダを筆頭に世界的な大ヒットを記録しました。邦題は「堕ちた天使」で、高校時代の憧れの女性が男性誌の見開き(Centerfold)に載っているのを見つけ、ショックを受けた男性の様子を描いています。


6. Don't You Want Me / The Human League

アルバム「Dare」からの第四弾シングルで、The Human Leagueにとって、世界的ブレークを果たした記念すべき楽曲です。ローリングストーン誌は、本楽曲を「第二次ブリティッシュ・インヴェイジョン」の足掛かりとなった曲と評しています。


7.Jack & Diane / John Cougar

John Cougarは、ハートランド・ロックの代表的アーティストの一人で、1982年に一気に大ブレークしました。本楽曲は、前曲の「Hurts So Good」に続いて大ヒットし、アルバム「American Fool」とともにアメリカでナンバーワンを記録しました。


8.Hurts So Good / John Cougar

アルバム「American Fool」からの第一弾シングルで、John Cougarにとって初の大ヒット曲となりました。幼なじみのGeorge Greenとともに制作した楽曲です。改名の多いアーティストとしても有名で、現在は本名のJohn Mellencampとして活動しています。


9. Abracadabra / Steve Miller Band

同名のアルバムからの第一弾シングルで、世界六カ国でナンバーワンを記録する大ヒットとなりました。グループリーダーのSteve Millerがアメリカの音楽番組「フラバルー」に出演した際にDiana Rossと出会い、感化されて制作した楽曲と言われています。


10.Hard To Say I'm Sorry / Chicago

リードボーカルのPeter CeteraとプロデューサーのDavid Fosterの制作で、80年代に流行したレイヤードシンセやギターディストーションを試みた初の楽曲です。日本では、「素直になれなくて」という邦題で、ヒットチャートを席巻しました。


関連記事
>【歴代ビルボードまとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2020ランキング
おすすめ 最新おすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-70選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-40選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生回数の曲-34選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード年間洋楽ランキングビルボード

2018 歴代ビルボード【まとめ】

2018 歴代グラミー賞【まとめ】


メニューおまけメニュー

洋画 洋画 myランキング
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2020年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2020 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽