2019年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 2019年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた2019年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >2019年

2019年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 When We All Fall Asleep, Where Do We Go? / Billie Eilish

収録曲一覧


収録アルバム


彼女のデビューアルバムながら、いきなり年間ナンバーワンを獲得した作品です。明晰夢や睡眠中の恐怖に影響を受けており、カバー写真にも反映されています。2020年の第62回グラミー賞では、最優秀アルバム賞を含む主要4部門を独占し、計6部門を受賞しました。


2 Thank U, Next / Ariana Grande

収録曲一覧

収録アルバム


本作は、前例を覆し、前作からわずか6カ月でリリースした作品です。制作中は、元恋人Mac Millerの死、フィアンセのPete Davidsonとの別れがありました。収録曲では、タイトル曲と「7 Rings」がナンバーワンとなり、後者は年間7位のヒットを記録しました。



3 A Star Is Born (Soundtrack) / Lady Gaga & Bradley Cooper

収録曲一覧


Lady Gaga & Bradley Cooperが主演の映画「アリー/ スター誕生」のサウンドトラックです。本作からは、デュエット曲「Shallow」が大ヒットし、2019年の第61回グラミー賞では、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞など二部門を受賞しました。



4. Lover / Taylor Swift

収録曲一覧


収録アルバム


Taylor Swiftのアルバム第七弾で、これでデビューからすべてのアルバムが年間トップ10入りとなる快挙を果たしました。しかも、本作の収録曲18曲すべてが、同時にBillboard Hot 100にチャートインする驚異的記録も打ち立てました。




5.Beerbongs & Bentleys / Post Malone

収録曲一覧


収録アルバム


前年に続き、二年連続で年間トップ10入りを果たした作品です。Ty Dolla Sign、21 Savage、Nicki Minajらとのコラボ曲はいずれもヒットし、特に、21 Savageとの「Rockstar」、Ty Dolla Signとの「Psycho」は、各々年間5位、6位の大ヒットとなりました。



6.Scorpion / Drake

収録曲一覧


収録アルバム


前年に続いて、二年連続で年間トップ10入りを果たした作品です。本作には、2009年に亡くなったMichael Jacksonの声の入った「Don't Matter To Me」が収録されていますが、これは1983年にPaul Ankaと行った非公開のセッションからサンプリングしたものです。



7.Championships / Meek Mill

収録曲一覧


収録アルバム


フィラデルフィア出身のラッパーMeek Millのアルバム第四弾で、ゲストとして、Cardi B、Jay-Z、Drake、21 Savageら豪華メンバーが参加しています。度重なる刑務所入りと保護観察、裁判長問題を経て、釈放後に制作・リリースされたのが本アルバムです。



8. ASTROWORLD / Travis Scott

収録曲一覧


収録アルバム


前年に続いて、二年連続で年間トップ10入りを果たしたアルバムです。ゲストボーカルとして、超豪華メンバーDrake、The Weeknd、21 Savage、Swae Lee、Quavoらが参加しています。なかでも、Drakeらとコラボした「Sicko Mode」は、年間9位を記録しました。



9. Hollywood's Bleeding / Post Malone


収録曲一覧


収録アルバム


Post Maloneのアルバム第三弾で、デビューから三作続けて、しかも前作と同時に年間トップ10入りを果たしました。収録曲も大ヒットし、「Sunflower」と「Wow」が2019年の各々年間2位と5位、「Circles」が2020年の年間2位を記録しています。



10.Hoodie SZN / A Boogie Wit da Hoodie

収録曲一覧


A Boogie Wit da Hoodieはニューヨーク生まれのラッパーで、本作品は第二弾です。ステージネームは、映画「Paid In Full」の主人公Ace Boogieが由来で、いつもパーカー(Hoodie)を着ていたことから友人が名付けました。タイトルのSZNは、seasonの略です。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽