2004年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 2004年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた2004年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >2004年

2004年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Confessions / Usher

収録曲一覧

収録アルバム


50 Centは2000年に銃撃事件に巻き込まれたことから、所属レーベルとの契約を解除されました。その後、Eminemが彼のデモテープを聴いて気に入ったことから、Dr.Dreを紹介し、自身のレーベルShadyとの契約を交わしました。本作がデビューアルバムです。


2 Speakerboxxx/The Love Below / OutKast

収録曲一覧

収録アルバム


本アルバムは二枚組で、SpeakerboxxxはBig Boiのプロデュースによるサザン・ヒップホップ、The Love BelowはAndre 3000によるサイケデリックやファンクなどの曲が収録されています。2004年の第46回グラミー賞では、最優秀アルバム賞など三部門を受賞しました。



3 Closer / Josh Groban

収録曲一覧

収録アルバム


Josh Grobanのアルバム第二弾で、収録曲の半分は英語、残り半分はイタリア語、スペイン語、フランス語で歌われています。日本ではCeltic Womanの曲で有名な「You Raise Me Up」のカバーも収録され、Adult Contemporaryチャートでナンバーワンとなりました。



4. The Diary Of Alicia Keys / Alicia Keys

収録曲一覧


収録アルバム


デビューアルバムの大ヒットで、第二弾の本作ではかなりのプレッシャーをかけられましたが、Kanye Westらの協力によりAlicia自身がプロデュースを手がけ、成功を収めました。2005年の第47回グラミー賞では、最優秀R&Bアルバム賞など三部門を受賞しました。




5.Feels Like Home / Norah Jones

収録曲一覧


収録アルバム


グラミー賞総なめの前作に続き、本作も年間トップ10入りを果たしました。2005年の第47回グラミー賞では、収録曲「Sunrise」で最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞しました。「Creepin' In」では、Dolly Partonとのデュオが実現しています。



6.Fallen / Evanescence

収録曲一覧


収録アルバム


オリジナルメンバーのBen Moody脱退前の最後のアルバムで、前年に続いて年間トップ10入りを果たしました。収録曲のうち2曲がトップ10入りを果たし、第一弾シングル「Bring Me To Life」は、年間シングルチャートでもトップ10に入る大ヒットとなりました。



7.Shock'n Y'All / Toby Keith

収録曲一覧


収録アルバム


カントリーシンガーToby Keithのアルバム第八弾で、アルバムだけでなく全てのシングル曲がカントリーチャートでナンバーワンになりました。後に曲名に因んだレストランチェーン「Toby Keith's I Love This Bar And Grill」をオープンしました。



8.In The Zone / Britney Spears

収録曲一覧


収録アルバム


2002年、交際していたJustin Timberlakeとの関係が破局に終わり、ツアーの終了後に半年間の休養宣言をしましたが、4か月後に本アルバムのレコーディングが始まりました。本作は翌年リリースされ、デビュー以来、四作続けて年間トップ10入りを果たしました。



9. The Very Best Of Sheryl Crow / Sheryl Crow

収録曲一覧


アルバムチャートの常連Sheryl Crow初のベストアルバムで、代表曲「All I Wanna Do」「Soak Up The Sun」などのヒットシングルが収録されています。新曲の「The First Cut Is the Deepest」も、Adult Contemporaryチャートでナンバーワンを獲得しました。



10.When The Sun Goes Down / Kenny Chesney

収録曲一覧


カントリーシンガーKenny Chesneyのアルバム第八弾で、リリース第一週目でナンバーワンを獲得しました。収録曲では、「There Goes My Life」が7週連続1位、アルバムと同名のUncle Krackerとのデュエット曲もナンバーワンを獲得しました。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽