1995年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 1995年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた1995年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >1995年

1995年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Cracked Rear View / Hootie & The Blowfish

収録曲一覧


サウスカロライナ州のロックバンド、Hootie & The Blowfishのメジャーデビューアルバムです。John MellencampやR.E.M.で実績のある、Don Gehmanがプロデュースを務めました。1996年の第38回グラミー賞では、最優秀新人賞など2部門を受賞しました。


2 The Hits / Garth Brooks

カントリー界のスターGarth Brooks初のベストアルバムです。正確にはリリースの3ヶ月前に、チャリティー目的で、マクドナルドの店頭で別のベストアルバムを販売しています。この頃には、上位に必ず彼の名前が登場し、アルバムチャートの常連になっていました。



3 II / Boyz II Men

収録曲一覧


ジャケットに大きく描かれたグループ名の「II」が特徴的なアルバムです。収録曲の「I'll Make Love To You」と「On Bended Knee」が続けざまにナンバーワンとなりました。1995年の第37回グラミー賞では、最優秀R&Bアルバム賞など3部門を受賞しました。



4. Hell Freezes Over / Eaglesk

収録曲一覧


14年間の活動休止を経てリリースしたアルバムで、MTV Specialのライブ録音と新曲4曲が収録されています。おなじみの「Hotel California」もアコースティック演奏です。日本でもオリコン6位にランクインし、ワールドツアーの武道館公演を実現しました。




5. Crazysexycool / TLC

収録曲一覧


収録アルバム

TLCの第二弾アルバムで、前作同様、Babyface、Jermaine Dupriをプロデューサーに迎えました。また、新たにPuff Daddyがヒップホップを担当しました。この頃、Left Eyeが放火罪に問われて更生施設送りになりましたが、レコーディングの一部には参加しています。



6. Vitalogy / Pearl Jam

収録曲一覧


Pearl Jamの中ではかなり実験的なアルバムで、アグレッシブ・ロック、バラードなど様々なテクニックを取り入れています。レコーディング中にドラマーのDave Abbruzzeseが脱退し、途中から元Red Hot ChillipeppersのJack Ironsが参加しました。



7.Dookie / Green Day

Toni Braxton / Toni Braxton


収録アルバム

Green Dayの第三弾ながら初のメジャーデビューアルバムです。全世界で2,000万枚の売上を記録し、パンク・ロックを普及させたことでも評価されています。1995年の第37回グラミー賞では、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞しました。



8.Throwing Copper / Live

収録曲一覧


収録アルバム

オルタナティヴ・ロックバンドLiveの第二弾アルバムで、プロデュースはTalking HeadsのJerry Harrisonです。アルバムのジャケットは、スコットランドの画家Peter Howsonの絵「Sisters of Mercy」で、2005年のオークションで186,000ドルで落札されました。



9. Miracles: The Holiday Album / Kenny G

収録曲一覧

サックス奏者Kenny Gのクリスマスソングのアルバムで、シーズン直前の1994年11月にリリースされました。「Silent Night」「White Night」「Winter Wonderland」などスタンダード曲が収録されています。アメリカとそれ以外の国で、収録曲が変わっています。



10.The Lion King / Soundtrack

収録曲一覧

収録アルバム


映画のサウンドトラックながら、二年連続で年間トップ10入りを果たしました。1995年の第67回アカデミー賞では、歌曲賞部門に3曲がノミネートされ、うちElton Johnの「Can You Feel The Love Tonight?」が受賞しました。Hans Zimmerも作曲賞を受賞しています。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽