1992年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 1992年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた1992年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >1992年

1992年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Ropin' The Wind / Garth Brooks

カントリー曲では史上初めて、初登場ナンバーワンとなったアルバムです。大ヒットした前作以上のヒットとなりました。1991年から1992年にかけて断続的にトータル18週のナンバーワンを記録し、約1,000万枚のセールスを記録しています。


2 Dangerous / Michael Jackson

収録曲一覧


収録アルバム


本アルバムより、長年のプロデューサーQuincy Jonesに別れを告げ、自身の力で新たな試みに挑戦しました。収録曲の「In The Closet」ではモナコ王妃とのコラボ、「Black Or White」では、Guns N' RosesのSlashとのコラボが実現しました。



3 Nevermind / Nirvana

収録曲一覧


収録アルバム


メジャーレーベルからのデビューアルバムで、本作品からドラマーのDave Grohlが加入しました。曲を書いたKurt Cobainによると、The KnackやBay City Rollersのようなポップ調とBlack Sabbathのようなヘヴィー調のフュージョンを目指したと話しています。



4. Some Gave All / Billy Ray Cyrus

収録曲一覧


収録アルバム

現在はMiley Cyrusの父親としてお馴染みのBilly Ray Cyrusのデビューアルバムです。リリース後の12ヶ月間で900万枚を売り上げ、1992年で最も売れたアルバムと言われています。収録曲の「Achy Breaky Heart」は、オセアニアを中心に世界的ヒットとなりました。




5. Achtung Baby / U2

収録曲一覧


収録アルバム

ベルリンの壁の崩壊に感化され、正にベルリンにあるハンザ・スタジオでレコーディングしたアルバムです。本アルバムでは新たにオルタナティヴやEDMなどの音楽を取り入れました。1993年の第35回グラミー賞では、最優秀ロック・パフォーマンス賞を受賞しました。



6. No Fences / Garth Brooks

前年に続いて二年連続、しかも、次作と同時に年間トップ10入りを果たしました。本アルバムには、Garthの曲では最も有名な「The Thunder Rolls」「Friends in Low Places」などが収録されており、いずれもカントリーチャートでナンバーワンを記録しています。



7.Metallica / Metallica

収録曲一覧


それまでのスラッシュメタルから、スローでよりヘヴィーなメタルへの転換を図った作品です。アルバムのジャケットが真っ黒に見えたことから、別名「The Black Album」と呼ばれています。10か国で初登場ナンバーワンを記録する大ヒットとなりました。



8.Time, Love & Tenderness / Michael Bolton

収録曲一覧


収録アルバム

前年も年間チャート14位にランクインし、二年がけで大ヒットしたアルバムです。収録曲のうち、Percy Sledgeの「When A Man Loves A Woman」のカバーはナンバーワンを記録し、「Love Is A Wonderful Thing」は、Isley Brothersと著作権侵害の裁判になりました。



9. Too Legit To Quit / Hammer

収録曲一覧

収録アルバム


ステージネームから"M.C."を取って"Hammer"に変わってからリリースしたアルバムです。アルバムのワールドツアーは、東京ドームからスタートしました。ツアーのオープニングアクトは、Boyz II Men、Mary J. Blige、Jodeciなど大物アーティストが務めました。



10.Totally Krossed Out / Kris Kross

収録曲一覧

収録アルバム


Kris Krossは、Chris KellyとChris Smithのヒップホップデュオで、リリース当時、二人はまだ12〜13歳でした。1991年にJermaine Dupriにより発掘され、本アルバムでデビューを果たしました。収録曲の「Jump」も大ヒットし、ナンバーワンを記録しました。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽