1988年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】

 1988年の洋楽ビルボードランキングの上位TOP10に選ばれたアルバムを紹介します!世界中の人に聴かれた1988年を代表する名盤ばかりです。TOP10の洋楽アルバム(Apple Music)と解説を用意しましたので視聴してみて下さい。
洋楽おすすめ名曲TOP > 歴代アルバムTOP10を振り返り >1988年

1988年の洋楽アルバムランキングTOP10【解説付き】


1 Faith / George Michael

収録曲一覧


収録アルバム


Wham!の解散後にリリースした、Georgeのソロデビューアルバムです。同名のシングル曲とともに、1988年の年間チャートでは、シングル、アルバムが同時にナンバーワンとなる珍記録を作りました。1988年の第30回グラミー賞では、最優秀アルバム賞を受賞しています。


2 Dirty Dancing / Soundtrack

収録曲一覧


収録アルバム


映画「Dirty Dancing」のサウンドトラックで、続編として「More Dirty Dancing」「Ultimate Dirty Dancing」もリリースされました。ナンバーワン曲「(I've Had) The Time of My Life」、主演Patrick Swayzeの曲「She's Like the Wind」などが収録されています。



3 Hysteria / Def Leppard

収録曲一覧


前作「Pyromania」のブレイクに続いて、本アルバムも大ヒットを記録しました。タイトルは、ドラマーのRick Allenの交通事故での苦い経験が基になっていて、アルバム制作に3年を要した主要因でもあります。ギタリストのSteve Clarkの生前最後のアルバムです。



4. Kick / INXS

収録曲一覧


収録アルバム

オーストラリアのロックバンドINXSのアルバムで、前作のアメリカでの成功に続き、本アルバムは世界10か国以上で大ヒットしました。大学のラジオ局で集中的に曲を流す戦略が成功したと言われています。「Need You Tonight」など4曲のトップ10曲が誕生しました。




5. Bad / Michael Jackson

収録曲一覧

収録アルバム



本アルバムからのシングル7曲のうち、「Bad」から「Dirty Diana」までの5曲が連続でナンバーワンとなりました。1988年の第30回グラミー賞では、最優秀レコーディング技術賞を受賞しました。アルバムは、日本のオリコンでもナンバーワンとなっています。



6. Appetite For Destruction / Guns N' Roses

収録曲一覧


当初はEP盤のリリースを予定していましたが、オリジナルメンバーのTracii Gunsが脱退したことで白紙になりました。代わりにSlashが加入し、1987年に本デビューアルバムがリリースされました。「Sweet Child O' Mine」など3曲がトップ10入りしました。



7.Out Of The Blue / Debbie Gibson

収録曲一覧


Debbieのデビューアルバムで、全10曲を本人が書いています。プロモーションでリリースした「Only In My Dreams」が大ヒットし、これをきっかけにアルバムの制作が決定しました。ナンバーワン曲「Foolish Beat」を初め、4曲がトップ4入りを果たしました。



8.Richard Marx / Richard Marx

収録曲一覧


Richardのデビューアルバムで、リリースした4曲がトップ3以内に入る史上初の男性ボーカリストとなりました。Bob SegerをプロデュースしたDavid Coleが共同プロデューサー、EaglesのJoe Walshら3人がギタリストやバックボーカルとして参加しています。



9. Tiffany / Tiffany

収録曲一覧


当時弱冠15歳だったTiffany Darwishのデビューアルバムです。第1弾シングルが全くヒットしなかったため、国内のショッピングモールツアーを敢行したところ、人気が急上昇し、続く「Could've Been」「I Think We're Alone Now」はナンバーワンとなりました。



10. Permanent Vacation / Aerosmith

収録曲一覧

収録アルバム


Aerosmithにとってターニングポイントとなったアルバムと言われており、初めて外部からソングライターを招聘しました。また、初の試みでMTVでのプロモーションも功を奏し、アメリカ国内で500万枚以上のセールスを記録する大ヒットとなりました。



関連記事
>【歴代アルバムTOP10まとめ】に戻る

おすすめ洋楽 人気記事 人気
新着記事 新着
Menu メニュー
洋楽おすすめ名曲集TOPページ洋楽おすすめ名曲集

top 洋楽おすすめ名曲集TOP

最新最新洋楽最新
ランキング 洋楽最新2021ランキング
おすすめ 今月のおすすめ洋楽ベスト7
ヒット集 洋楽ヒット集 -80選-
CMソング 2015〜 洋楽CMソング

洋楽アルバム アルバム最新ランキング
まとめ洋楽まとめまとめ
人気の女性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(女性)

人気の男性アーティスト 人気のおすすめ洋楽(男性)

プレイリスト 洋楽BGMまとめ

アルバム 洋楽おすすめアルバム

名曲 映画の名曲 サントラと挿入歌

メニューアーティスト別メニュー
有名 洋楽ロック 有名アーティスト

洋楽おすすめEDM 洋楽EDMアーティスト

80年代 洋楽80年代アーティスト

メニュー定番ソングメニュー
洋楽 クラブミュージック クラブミュージック-80選-

結婚式 洋楽 ウエディングソング-60選-

バースデーソング バースデーソング-20選-

クリスマスソング クリスマスソング-33選-

メニュードライブソングメニュー
夏のドライブソング 夏のドライブソング-50選-

再生回数 驚異的な再生数の曲-50選-

アップテンポ アップテンポの洋楽(女性)

アップテンポ アップテンポの洋楽(男性)

ビルボード歴代ビルボードTOP10ビルボード

2018 洋楽 受賞曲まとめ

2018 洋楽 受賞アルバムまとめ

ビルボード歴代グラミー賞ビルボード

2018 歴代グラミー賞 曲まとめ


メニューおまけメニュー

豆知識 海外アーティスト豆知識まとめ
音楽アプリ おすすめ音楽アプリ2021
洋画 おすすめ動画配信サービス
リンク 洋画、洋楽リンク
マップ 当ホームページ情報
洋画の挿入歌 ランキング
1  ボヘミアン・ラプソディ

2  グレイテスト・ショーマン

3  ラ・ラ・ランド

人気女性アーティスト ランキング
1  Billie Eilish

2  Ariana Grande

3  Selena Gomez

人気男性アーティスト ランキング
1  Ed Sheeran

2  Justin Bieber

3  Post Malone

おすすめ 最近おすすめ洋楽
1  最新ランキング2021年

2  アルバム最新ランキング

3  2014-2021 洋楽ヒット集

4  今月のおすすめ洋楽ベスト7

5  最近のCMで使われた洋楽